顔の産毛処理方法あれこれ

顔の産毛処理方法あれこれ

顔の産毛処理方法が今話題となっています。なぜなら、女性なのに顔の産毛が濃くなったり、ひげが生えたりしている人が多くなり、顔の産毛処理方法が注目を浴びています。

 

普通に剃る、抜くだけでいいのか?ずっと顔の産毛処理方法はこのままでいいのか?他に簡単で美肌にもできる方法があるのではないか?
色々と試行錯誤しながら顔の産毛処理方法を調べている女性が多いのではないでしょうか?

 

それでも何もしないのは、ちょっと人に会うときに、会社で、身だしなみを整えるはずがマナー違反になってしまいますので、処理した方が良いですよね。

 

顔の産毛処理の簡単の方法をご紹介します。おすすめもおすすめでないのもありますが、人それぞれの肌の状態、強さ、産毛の生えている本数、ひげの濃さなどで違いがあります。

 

まずは、根本的に女性ホルモンバランスが崩れていて、本当であれば、女性であるから女性ホルモン優位なのですが、更年期障害と同じになっています。
つまり、男性ホルモン優位でイライラしたり、気分が落ち込んだり、さらにそれがストレスとなって、心身が疲弊すると女性ホルモン分泌が減ります。

 

それをもとに戻してください。まずは、リラックスすることです。職場でも家でも、仕事の続きでぴりぴりしていませんか?

 

もうひとつ簡単なのが質の高い睡眠をとる。運動をしているなら、すでにストレス発散効果がありますが、まだの人はストレッチなど簡単なのから試してください。
本当は毎日規則正しい時間に起きて寝ることが一番です。次は食事ですよね。

 

サプリでもイソフラボン系がたくさんありますが、女性ホルモンと同じ作用のある食品をなるべく多く摂取して、女性ホルモン分泌を促進してください。

 

上記を生活習慣にしてしまえば、顔の産毛は薄くなっていく可能性があります。また、更年期にぐっと減る女性ホルモンを緩やかにすることも可能です。

 

次は、物理的に顔の産毛処理をする電動シェーバーですよね。普通のカミソリよりは、顔専用の電気シェーバーで剃る方が、お肌には優しいのでおススメです。
その他には医療脱毛とエステサロンがありますが、これは本当に剃った後にメイクしても青ひげみたいに残る人に残された方法だと考えてください。
いくら永久脱毛とはいえ、自然にあったものが毛穴から毛根がなくなると、汗をかきやすくなったりするそうです。

 

レーザーや光照射のときに事故が起きないとも限りませんので、是非最終手段と思い、今は電気シェーバーで剃りつつ、抑毛効果のあるスキンケアをしてください。
抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションが顔専用に発売されていて、毛根を小さく弱くしてくれます。それで、様子を見て、薄くなっていくようであれば続けることをおすすめします。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?