顔の産毛の生え変わり毛周期を知ろう

顔の産毛の生え変わり毛周期を知ろう

顔産毛脱毛では、施術後の数週間で、毛根が破壊された毛は勝手に抜けるようになっています。ただ、光やレーザーを照射したところだけなので、顔脱毛に通っても、同じところばかり照射して全然顔脱毛できていないという場合(抜ける?)には、サロンや医療脱毛の照射を疑ってみてください。

 

それは、毛周期というものがあり、成長期(毛根が育つ時期)、退行期(抜け落ちる時期)、休間期(毛が生えそろっている時期)という3つの毛周期がからなっています。成長期の毛根が育つ時期ではなく、退行期の直前で、毛が生え揃っている時にレーザー照射することで、一番毛根を破壊する可能性が高くなります。

 

そして、その毛周期に合わせたレーザーや光照射で、勝手に毛が数日〜10日後ぐらいに抜けるそうです。また、自分で剃るのではなく、抜いてしまっていて、毛穴に毛根があまりない状態で顔脱毛に行っても、毛根を破壊することがないために、毛が勝手に抜けるというよりも、勝手にまた生えてくるという事態になります。

 

光脱毛で毛が抜ける仕組みを簡単にご説明します。光脱毛の黒い色素に反応する光を毛根に照射することによって、ダメージを与え、毛を生えにくくします。脱毛後しばらくは普通に毛が生えてきますが、これは照射前にすでに皮膚の下で育っていた毛が押し出されて表に出てきただけで、照射後に毛が伸びたというわけではありません。

 

1~2週間ほどすると、この脱毛前に皮膚の下で成長していた毛が表に出切るので、するっと抜け落ちるようになります。しかし残念ながら一度で全ての毛を処理することはできませんので、脱毛の光は成長期の毛根にしか反応しにくいからです。

 

毛は成長期から退行期を経て休間期、そしてまた成長期というサイクルで生え変わります。これがいわゆる毛周期といわれるもので、このサイクルは毛根ごとにずれがあります。そのため繰り返し時期をずらしながら照射をし、毛根にダメージを与えることで毛が生えてくることを抑制します。そして脱毛後の毛の抜け方には二種類あります。

 

一つ目は、脱毛直後に抜ける、ポップアップという抜け方です。この抜け方は照射してすぐに毛が飛び出し、冷却ジェルなどのふきとりと一緒にとれてしまうのであまり実感がないことが多いです。(毛が縮れているのが特徴です。)

 

二つ目は、最初にご説明したような脱毛後時間がある程度経過してからスルット抜ける抜け方です。こちらは皮膚の下で成長していた毛が照射後1〜3週間で伸びきり、その後抜け落ちるというものです。これは服などの摩擦によってもとれてしまうくらい簡単に抜けてしまいます。

 

本当に簡単に勝手に抜けるので私はいつも自分で抜きたくなってしまいます。それに脱毛した後も毛が普通にのびてくると本当に効果があったのか心配で毛抜きでひっぱってみたくなりますよね?でも自然に抜けるのが一番お肌には優しいということを覚えておいてください。